ニキビでも使える化粧水|ドラッグストアで買えるものでおすすめは?

思春期の年代だけでなく、20代以降の大人も繰り返すニキビで悩んでいる人が多く、毎日丁寧に洗顔をしたり、ピーリングなどを行っている人も多いです。

 

が、お肌が乾燥すると皮脂の分泌が活発になってしまうので、化粧水を使って保湿をしておきましょう。

 

ニキビ専用の化粧水もインターネット通販で売られていますが、ドラッグストアでも優れた保湿効果があり、抗炎症作用のある商品が売られています。

 

近くのドラッグストアにはニキビ肌の人も使用できる、保存料や着色料、香料などが含まれていない無添加の商品や、シミやそばかすなどの色素沈着を防いで、毛穴を目立たなくするビタミンC誘導体などが入った商品も売られています。

 

ニキビが出来やすい肌質の人は、

  • 緑黄色野菜や大豆食品、
  • 魚介類、
  • 脂身の少ない肉類

などを積極的に食べることが大事ですし、夜更かしなどの悪い習慣のある人は朝型の規則正しい生活を心掛けることも大事です。

 

食生活や生活習慣を見直すことで、お肌の状態が改善することも多いので、まずは実践してみると良いでしょう。

 

ドラッグストアでは低刺激でお肌に負担が少なく、安全性の高い素材で作られた化粧水がリーズナブルな価格で売られています。

 

皮膚に古い角質などが溜まってくると、炎症を起こしてしまったり、毛穴の詰まりの原因になるので症状が悪化することもあります。

 

ドラッグストアには古い角質を取り除く働きがあり、べたつきなどもなく使用感の良い商品が売られています。

 

口コミで評価の高い商品は衛生管理や品質管理も徹底しており、お肌が弱くデリケートな人も安心して購入できます。

 

数多くの商品が販売されているので、口コミで評価の高い化粧水を購入してみると良いでしょう。

 

洗顔後や入浴後はお肌が乾燥しやすくデリケートになっているので、保湿効果の高い化粧水を使ってお肌に潤いを与えておきましょう。

 

一般的な化粧品を使用するとお肌がひりひりしたり、赤くなったり、痒くなりやすい人が多いですが、ニキビ専用の商品は安全性に優れており、低刺激でお肌に優しいのが特徴です。

 

美容皮膚科や皮膚科などでピーリングなどの治療を受けている人が多いですが、施術を受けた直後はお肌がとてもデリケートになっているので、化粧品を使って水分を補いましょう。

 

ドラッグストアで購入できる基礎化粧品は、比較的リーズナブルな価格の商品が多いので、無理なく続けられます。

 

豊富な在庫が揃っているので、自分の肌質に合った商品を選んで下さい。

 

ニキビが出来た場所ごとに原因は違う!それぞれの原因と対処法は?

ニキビは顔の様々な場所に出来ますが、実は場所ごとに出来る原因が異なります。

 

まず、頭髪の生えぎわに出来るニキビは、シャンプー・リンスのすすぎが不十分だったり、普段から使用しているヘアワックスなどの整髪剤と皮膚の相性が悪いと発生しやすいです。

 

洗髪する際にはシャンプーやリンスをよく洗い落とし、それでも改善されない場合は使用中の整髪剤を違うものに交換するべきでしょう。

 

次に、おでこのあたりに出来る場合ですが、これはホルモンバランスが崩れていたり、心の病気によって自律神経が不安定になったり、よく眠れない日々が続くとなりやすいです。

 

また、前髪がおでこに当たって刺激される事によっても発生する場合があります。

 

続いて、眉間にあるのは自律神経が乱れたり、ストレスがたまることが原因で、目と眉の周囲に出来るのは、ホルモンバランスが崩れたり、パソコンやスマートフォンの使いすぎによる眼精疲労などが要因です。

 

また、こめかみあたりにニキビが出来る理由としては、ストレスがたまりすぎたり、怒ることが多くてイライラしすぎるなど精神的な疲れが多いことが挙げられます。

 

次に、ほおの上部分に出来るニキビは、副腎機能が低下していたり、婦人病や生理異常または便秘が原因となっていて、ほおの下部分は下半身が冷えたり便秘がちだったり、肝機能が低下していると出来やすいです。

 

続いて、鼻にあるのはアクネ菌の感染が要因となり、鼻の下は男性ホルモンの過剰が要因となっています。

 

口のまわりは、食事の栄養バランスが偏りすぎてビタミン不足になっていたり、過食症の人がなりやすいです。

 

次に、あごには細かく

  • 「あご全体」
  • 「あごからフェイスラインにかけて」
  • 「あごの一部分」
  • 「あごから首にかけて」

の4つに分類出来ますが、まず「あご全体」の場合は角化不全症が要因で、「あごからフェイスラインにかけて」の部分はホルモンバランスが崩れると出来ます。

 

さらに、「あごの一部分」にしこりのようなニキビがあるのは肥厚性瘢痕が要因で、「あごから首にかけて」の部分はストレスがたまっているとなりやすいです。

 

なお、首筋と背中ですが、ここは身体が冷えていたり、婦人科系が弱まっていることが原因となりやすいです。

 

最後に、胸部分にあるのはマラセチア菌の感染が原因です。

 

これまで、様々な箇所について説明して来ましたが、いずれの場所にしても完全に治療するためには皮膚科へ行き、最適な治療法を知ることが重要だといえるでしょう。

 

 

ニキビ跡の治療法にはどんなものがある?レーザー治療の費用は?

思春期というのは代謝も良い事からニキビなどの吹き出物が出やすくなります。

 

人によっては毎日きちんと洗顔をしていてもできてしまうことがあるので、そうしたスキンケアに悩んでしまうこともあるでしょう。

 

ですが思春期のニキビは思春期が過ぎてしまえば自然と収まることも多いのでさほど気にならないようなことも多いです。

 

厄介なのは大人になってから出来るニキビで、こうした大人になってから出来るものというのはそのまま残ってしまう事も多く、長年放置しておくことでイボやほくろのようになってしまうことも多いです。

 

無理に潰したりセルフケアで治そうとすると跡が残ってしまうことも多いので、注意です。

 

ですがうっかりできてしまったニキビを潰してしまってニキビ跡になってしまったような時は、美容クリニックや皮膚科などで行っている治療法を試してみるようにしても良いでしょう。

 

美容クリニックや美容皮膚科などで行っているレーザー治療によるニキビ跡除去は短期間できれいにニキビ跡を消すことができますが、費用がかかります。

 

気になる費用はクリニックや病院によって異なりますが、1ヶ所のニキビ跡だけであれば数万で消すことも可能です。

 

人によってはニキビ跡が広範囲になっていることもあるので、そういった人は費用が多くかかってしまうこともあるものです。

 

ですが跡を消すためのスキンケアをいくつか購入し、最終的に高額になってしまうこともあり得るので、気になるのであれば適切な治療ができるクリニックを選んだほうが良いです。

 

そしてクリニックのメリットは、事前にカウンセリングを受けることができるという点でもあります。

 

事前に受けることで皮膚トラブルや失敗なども防ぐことができるものです。

 

また、レーザー治療そのものは施術時間も短いですが、その後のメンテナンスやアフターケアなどのことも考えれば、総合的に見て安いと感じることも多いです。

 

メイクで隠せる程度の跡であればそのままにしておいてもさほど気にならないようなこともあります。

が、メイクでもわかるような跡やそのためにメイクが濃くなってしまうのが悩みの種のような人であれば、そうした悩みを解消させるようにするためにも適切なクリニックでレーザー治療を受けましょう。

 

こうした美容に関する治療では保険が効かないことがほとんどですが、その効果を感じることができればやって良かったと思うことも多く、肌の悩みの解消にもつながるでしょう。

 

 

ニキビは皮膚科で治る?保険はきくの?薬にはどんなものがある?

皮膚トラブルの筆頭とされるニキビは、何度も繰り返し顔に出来てしまった経験をお持ちの方は少なくありません。

 

この肌トラブルの原因は人によって様々ですが、きちんと処置しておかないと炎症が進行してしまいクレーターや色素沈着といった消えない跡が残ってしまう恐れがあります。

 

しかし軽い肌トラブルで、皮膚科など医療機関にかかるのは大げさすぎると感じてしまい、無理にセルフケアで済ませてしまおうと考える方は少なくありません。

 

しかしニキビはれっきとした皮膚の炎症の一つなので、医療機関に行けば適切な治療や薬の処方箋を出してもらうことが出来ます。

 

もちろん保険適用の範囲で受けられる治療や処方薬であれば、費用も抑えて早期に治療を受けることが出来るメリットがあります。

 

一般的にニキビ治療でかかる費用の目安としては、初診料に2820円、処方せん料680円にプラスして面皰圧出など処置を受ける際に発生する処置料などを合わせた金額となります。

 

ニキビの処置は保険3割負担で約1000円~2000円程度かかるといわれています。

 

なのである程度金額を把握してから治療を受けることが出来るようになっています。

 

診察と処方箋、処置料の他に薬代がかかってきますが、全て保険適用なのでそこまで高額な治療費がかかることはありません。

 

手当たり次第ドラッグストアで薬を購入してセルフケアを行うよりも、症状の適切な処置を受けることが出来ますし、短期間で症状が改善するメリットがあります。

 

既にクレーターやニキビ跡といった自分では解決することが出来ない肌の治療に関しては、通常の皮膚科ではなく、美容皮膚科に行くとレーザー治療などを受けることが可能です。

 

レーザー治療はピンポイントで皮膚に跡が残ってしまっている部分にレーザー照射を行い、皮膚細胞の入れ替えを行うことで、へこんでいる部分を内側から自然と盛り上がらせて目立たなくする効果があります。

 

色素沈着を起こしている部分もレーザー照射をあてることで、皮膚のターンオーバーを促し、古い角質を強制的に排出させて綺麗な肌質を取り戻すことが出来るといった高い美容効果を得ることが出来ます。

 

ただこれらの治療はすべて保険外の自由診療となるため、診察や処置、処方箋ともにすべて自費で支払う必要が出てきます。

 

なぜこの治療が保険適用にならないかというと、通常の皮膚科で受ける治療は疾患を改善させる治療をメインにしているため、炎症が落ち着き跡になっている場合も完治していると判断されるためです。

 

それ以上の美肌を目指す治療に関しては自費診療に分類されます。

 

 

ニキビが出来た場所で占い?それぞれの意味は?

「思い、思われ、フリ、フラレ」昔からある、ニキビのできた場所での占いです。

 

1度は聞いたことがあるという人が多いのでは?

医学的には根拠はないと言われているこの占いですが、人相学的には重要になってくるともあります。

 

ニキビが出来てしまうと落ち込むことが多い中、少しは楽しく気が楽になったら良いですね。

 

また、原因の1つにストレスもあります。

 

気が楽になることによって、もしかしたら緩和されるかもしれません。

 

おでこにできている場合、思いです。

 

貴女が誰かに思いを寄せている、ということです。

 

密かな片思いはありませんか?

数が多い時には、思っている人が沢山いるとか、思いがそれだけ強いと言われています。

 

あごにできている場合、思われです。

 

貴女が誰かに思いを寄せられている事になります。

 

思いにもよらない意外な人から思われていたりするかもしれませんね。

 

数が多い時には、思われている人が沢山いるとか、思われている気持ちが強いと言われています。

 

左頬にできている場合、フリです。

 

貴女が誰かをフルということになります。

 

付き合っている人をふったり、告白されてふったりするかもしれませんね。

 

数が多いほど現実になる可能性が高いと言われています。

 

右頬にできている場合、フラレです。

 

貴女が誰かにフラれるということになります。

 

付き合っている人から別れを告げられてしまったり、告白してフラれてしまうかもしれません。

 

数が多いほど現実になる可能性が高いと言われています。

 

さて、有名な上記以外にもあります。

 

眉間にできると失恋が訪れます。

 

思い人が他の人とくっついてしまうと言われています。

 

鼻頭にできると両想いが訪れます。

 

思い人が貴女のことを思っていることに気付くことができると言われています。

 

首の後ろにできると、思い人に告白されると言われています。

 

ドキドキしたがら告白を待つのはどうでしょうか。

 

さらに色。

 

白いものは良いことが起きる、赤いものは悪いことが起きると言われています。

 

このようにさまざまないわれのあるニキビ。

 

できた時には正しいケアをしながらはやく回復することを目指すのと同時に、ほんの少しだけでもこんな占いを思い出して楽しくなったり、悲しくなったりしながら一喜一憂を楽しむことができたら良いですね。

 

できてしまったニキビを悲観するだけでなく、ポジティブに楽しむことができれば、ニキビの回復も早くなるのではないでしょうか。