にきびの跡が残らない為のお手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人が体験したことがあるにきびは食事メニューやストレスだったり、身体や気持ちのわずかな変化でお肌に出来易いといった肌の悩みの中のひとつのようです。

にきびは基本、適したケアをおこなうことによって、炎症がちょっとずつ正常化し最後にはきれいに治す事が可能だと言えますが、正しくない手入れを行ってしまうとにきび跡というようなお肌に色素沈着やクレーターというくぼみができてしまうことがあり得ます。

このためにきび跡にならない為にも間違いのないにきびのお手入れ方法の把握しておく必要があります。

先ずお肌にできてしまうにきびは、赤にきびと白にきび、黒にきびといったの三つのタイプが上げられます。

中でも赤にきびは毛穴内が炎症を起こしている感じで、実際触れたりすると痛みが生じるので、赤くなっている時は患部に刺激を与えないためにも触れないようにしましょう。

にきび跡ができてしまう条件のひとつが、赤にきびを何度も触れてしまうとか押し潰してしまうなどで、色素沈着やクレーターという様な良くならない跡が残されることが起きます。

赤にきびができてしまうと、炎症が落ち着く3~4日の間は一度も触れないようにしてきれいを保ちましょう。

炎症がおおかた治まると中に目づまりした白い膿の箇所がわかってくるので、このタイミングでにきびをつぶすというのが短期で治す方法です。

この白い膿は白血球がバイ菌と対戦終了した残骸だから、炎症が収まったサインにもなるのです。

ただしにきびをつぶせ時は指で強引にするのは、ばい菌が付く心配があるので消毒エタノールと滅菌ガーゼ、衛生的な針を準備してきちんと外に出すというのが大切です。

お手入れをおこなったその後は抗生剤入の軟膏を塗りつけておくと安心です。

万が一にもにきび跡ができてしまった場合、にきび跡を改善する手法として美容皮膚科クリニック等にアドバイスを求める方法でレーザー治療法やケミカルピーリングのケアしてもらう事が良い結果になるでしょう。

色素沈着だとビタミンCを摂り入れたり、美白の有効性が高いお化粧品でケアを実施することをオススメします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。