ホルモンバランスの状態が崩れる原因で出来てしまう大人にきび

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にきびと言っても、大人にきびと思春期のにきびは、違うものになります。

にきびになってしまう原因や対処方法というものはそれぞれ異なります。

思春期のにきびは、成長ホルモンが影響を及ぼして皮脂が過度に分泌されてお肌が脂ぎることが原因となってできます。

皮脂が毛穴に目詰まりしアクネ菌が増えることにより、炎症をもたらすというような仕組みです。

にきびができる年代はその名の通り思春期の時期で、おでこや鼻といった皮脂の分泌が活発になるTゾーンにでき易いという性質があります。

お肌をきれいに保ち、アクネ菌の増加を抑制する事が主要な対処方法でしょう。

それに対し大人にきびは少しだけ面倒かもしれません。

にきびになる原因やきっかけがひとつではないせいです。

加齢現象や肌ケアが足りないこと、強い紫外線や環境条件やストレス、不養生な生活スタイルなどというあらゆるものが原因となるのですが、ホルモンバランスの乱れもその中のひとつです。

女性の人は排卵や生理、妊娠出産や閉経などがあるので、ホルモンバランスが崩れ易くなるのです。

ホルモンバランスが崩れる原因に、卵胞ホルモンのエストロゲンが減っていくという状態があげられます。

生理の前に、肌の荒れ、便秘や肩こりに腰痛や頭痛、疲労感やイライラする気持ちになったり集中する力のダウン等々のPMSの症状が激しく出ることが多いといった女性の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この理由は、排卵ののちに分泌される黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が激しくなり、卵胞ホルモンの分泌が衰えることで生じてくるホルモンバランスの乱れなのです。

閉経前に発症する更年期障害の状態も、エストロゲンの低下により生じてしまうものです。

ホルモンバランスの崩れを改善する為のポイントとして効果が見込めるのが、イソフラボンの補給になります。

イソフラボンはエストロゲンのような作用をする事が評価されている成分になるので、意識して摂り入れることでホルモンバランスを良くする事が可能です。

大豆商品に多く含有されている成分になるので、納豆や豆乳、豆腐などを積極的に食べて摂り入れましょう。

大人にきびはその名の通り成人してからできるにきびで、口の周辺やフェイスラインだったり同じところに何度もできたり治りが遅く跡が残るといった面倒な特質があります。

意識して対策法を心がけて、にきびができづらいお肌の状態をゲットしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。