思春期にきびと大人にきびは対策方法が異なるので注意が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目似ているようでも原因がまったく違うのが思春期にきびと大人にきびです。

思春期に発生するにきびの大きな理由は皮脂の分泌です。

皮脂が必要以上に分泌されて毛穴が目詰まりしてしまって、皮脂を養分としアクネ菌が増加し、炎症を招いてしまうのが思春期にきびです。

その一方、大人にきびの場合では、お肌のターンオーバーがちゃんと実行され無くなり、古い角質が蓄えられることにより毛穴をふさぎ、起こってしまいます。

大人にきびが起きる原因は、食事メニューの乱れや寝不足、生理不順等によるホルモンバランスの崩れるなどが積み重なって口の周辺や生え際、加えてあごに出来易いにきびということです。

思春期にきびと大人のにきびでは対策方法も大幅に異なります。

先ず、思春期にきびの場合では皮脂の超過分泌をセーブして毛穴を皮脂でふさいでしまわないよう清潔さに保っておくことが大事です。

思春期にきびケア商品はたくさん売っていて、それらの主要な効果は皮脂を抑止することを目的としているのです。

ですが、洗浄する力が強力で刺激が強い成分が含まれた洗顔料が売られているのも現状です。

敏感肌や刺激にデリケートなお肌だと、オーガニックの物や低い刺激の洗顔料を活用する様に意識して、できる限りお顔を衛生的にしておくように心掛けることが重要です。

皮脂が気になるからといって洗顔ばっかりを行なっていると、益々皮脂が必要以上に分泌し易くなってしまうため気をつけましょう。

大人にきびの場合では、思春期にきびとは異なって角質のお手入れと保湿対策が重要なポイントです。

角質のお手入れを行うとことにより、古い角質を取り除く事が出来て、毛穴に入り込んでしまうことを防ぐ働きを期待できます。

さらに、うるおいが不足がちなので、大人にきびはきちんと保湿対策を行う事が一番に重要です。

そして、生活スタイルが崩れているなど、ストレスが蓄積しているようなら、暮らしを確認しなおして出来る限り寝る時間をきちんと保つ様に心掛ける事が大人にきびのお手入れの重要ポイントです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。